HOME>アーカイブ>将来の超高齢化社会に向けて、持っていると得をする資格

講師陣が充実

老人と介護士

日本の少子高齢化は、急速に進んでいると言われています。あと十年もすれば、約四人に一人が65歳以上の人口構成になってしまいます。当然、高齢者の入居施設の不足が懸念されています。入居施設が不足するということは、働くスタッフも足りなくなることを意味します。将来を見据えて就職や転職活動をすると、安定した暮らしを得ることが出来ます。介護系の資格はたくさんありますが、社会福祉士への注目が集まっています。資格を持っておくことで、入居者やその家族の相談に適切な対処をすることが出来ます。新潟県内には福祉系の学部や専門学校がありますし、学べるチャンスは他の都道府県よりも大きいと言えます。

国家試験の突破率

介護

社会福祉士の資格を取るには、猛勉強が必要になります。大学や専門学校で授業を受けても、プラスアルファの勉強量が求められます。新潟県内の専門学校では、福祉のスペシャリストの講師が全面的なサポートをしてくれます。国家試験で狙われ易いポイントや間違ってしまう箇所を、繰り返し徹底してレクチャーしてくれます。障害者福祉の分野においても、社会福祉士の存在感は増しています。看護師とのタブルライセンスを持っておくと、更に選択肢が広がります。

幅広い視野が得られる

女性

福祉系の求人が増えていますが、資格を持っておくと採用される確率が上がります。最高峰に位置するのが、社会福祉士だと言われています。専門学校で三年間、大学で四年間しっかりと学ぶと受験資格が得られます。かつては介護の分野で活躍が目立っていましたが、近年は児童養護施設や障害者支援者支援でも活躍が可能です。新潟県内の学校では、県内外から学ぶ意欲を持った生徒が集まっています。就職率100%も、学ぶモチベーションを高めています。

広告募集中